露出を下がる

露出を下がる

露出を下がる

日本で暮らしていれば、日差しがきつくなる夏の時期は避けられません。
紫外線をすべて防いで生きていくのは難しいので、日焼け防止のための服装を探してみましょう。
ポイントは、肌を見せる部分を少しでも減らすということです。
日焼け防止クリームを顔から足先まで密に塗るという方法もありますが、塗りすぎは肌に悪いです。

 

また、大抵の商品は汗などで流れてしまうというネックがあるので、クリームの効果が持続するとは限りません。
肌にそのまま紫外線を浴びると悪影響が大きいため、肌を出すのは出来るだけしないようにしましょう。

 

部屋にいるときは脱いでも構わないので、外に出るときは薄い上着を羽織るようにしてみてはどうでしょうか。
長袖が一番良いのですが、暑すぎては熱中症で倒れる危険性も否定できません。
夏が近付くと、長袖でも涼しい素材の服も店頭に並びます。
そうした服なら、熱中症のリスクを抑えながら日焼けを防止していくことができるはずです。

 

そして忘れやすい足部分も日焼けしないように気を配りましょう。
夏場にはサンダルを履く人が増えると思いますが、足は日頃からなかなか紫外線を受けないでしょう。
ですので、紫外線に当たる時間が少しでも、すぐに日焼けに繋がってしまうことがありますので、なるべくスニーカーを履くようにしましょう。

 

おしゃれとしてサンダルを取り入れたい人は、日焼け止めスプレーを足につけるなど対応策を考えましょう。
服装に注意するだけでなく、できるだけ外にいる時間を少なくして、外に居る時は直射日光を避けるように気を付けるだけでも結果は大きく異なります。

ホーム RSS購読 サイトマップ