紫外線の性質

紫外線の性質

紫外線の性質

家の中では日焼けに対しての対策は必要がないと勘違いしてはいないでしょうか。
家にいることが多い人も、肌が焼けるのを防止するべきなのです。
室内でも、肌に悪影響を及ぼす程の紫外線が侵入してきているのです。

 

紫外線の波長は幾つかの種類に分かれており、その波長によっては窓を通って部屋に入り込むものがあるのです。
それを防止するためには、室内にいる際にも日焼け防止クリームの使用をお勧めします。
でも、外出しないのに肌に良くないクリームを使用するのは抵抗があるという人もいるでしょう。

 

さらには、人によっては肌を焼くことに危険を感じていない人もいるかもしれません。
そうであれば、肌への使用はしなくても室内に入ってくる紫外線を制御する商品を使うこともできます。
人気を集めるのは、窓ガラスに付着させるシートです。
紫外線の通過を防ぐ作用のあるシートを窓に密着させることで、部屋の中に入る紫外線を大部分カットできます。
中には、約100パーセントのカット率のものもあります。

 

窓にシートを取り付けるのは避けたいという人は、同じ効果が期待できるスプレーも売られているので、こちらを検討してみるとよいでしょう。
ガラス自体が加工されていて紫外線が入らないようにする効果を持つものもあります。
日焼け防止対策を講じることで、畳や本の色があせてしまうことを抑えることが可能になります。
フローリング張りの部屋の場合、体への反射による紫外線の影響は無視できないので、カーペットなどで隠すようにすれば良いでしょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ