日焼け予防

日焼けと紫外線

日焼けと紫外線

ほんの数年前までは、子供は外で真っ黒く日焼けしながら遊ぶのが体に良いと言われていました。
ですが、今は赤ちゃんの頃から出来るだけ紫外線に当たらないように注意が必要だと言われるようになりました。
では、一体どうして日焼け防止が必要になるのでしょうか。

 

最も危惧すべき原因は、健康に悪影響を及ぼす危険があるからです。
皮膚がんになる可能性が高まることは広く知れ渡っています。
ところが、皮膚がんを誘発する危険性がある他に、どんな害があるかを知らない人も多いようです。
その他の紫外線の害は、白内障になる恐れがあったり、皮膚の持つ免疫力を落とすこともあります。
さらに、美容に関してもいろいろな悪影響が予想されます。

 

シミやシワといったトラブルがあらわれることもあるので、女性は入念に日焼け防止のための手立てをこころがけましょう。
昔はたくさんあった日焼けサロンは減少傾向にありますが、肌への悪影響を知らない人は、今でもサロンで日焼けさせることがあるようです。
サロンで肌を焼く場合も、日光の下に出かけるのと同じ肌へのリスクがあります。
体への被害は高い年齢になってから出てくることも多いので、若い頃から気をつけておきましょう。
晴れている日以外にも、雲が多い日や雨であっても日焼けしないよう防ぐ必要があります。
とは言っても特に紫外線が強いのは快晴の日です。

 

晴れの日の紫外線の強さを100%として考えてみましょう。
その計算では、曇りでも50〜80%程度の紫外線が届いています。
雨天でも日焼けの危険があるので、夏の期間はずっと紫外線を防止することを考えましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ