日焼け予防

日焼け予防

日焼け予防

自分でできる日焼け防止策の中で、一般的なのは日焼け止めクリームを塗ることでしょう。
暑くなってくると、コンビニエンスストアやスーパーなど、あちこちの店頭に並ぶことになります。
それでも、各種のタイプがあるために、どうやって選択すればいいのか困る人も多いかもしれません。

 

まずはじめに、SPFやPAという数値がどういったことなのか知っていますか。
これが分かっていないと、自分に適した商品がどんなタイプのものなのかを探すことができません。
SPF値とは、紫外線の中のUVBというB波をさえぎるための効果のことです。

 

易しく説明をすると、紫外線を浴びてから日焼けになり始めるまでの時間を、延長できる時間を表わした数値です。
SPF3と書かれていれば、何も塗っていない場合より、日焼けの症状が出てくるまでの時間を3倍先延ばしできるということです。
それから、PA値とは、これは紫外線のうちのUVAというもののA波を阻む能力です。

 

このA波はシワなどの一因とも考えられるお肌の敵です。
制御効果がある順に、+++、++、+と表されます。
日焼け防止を望むなら、毎日SPF50でPA+++のものを使えば安心と考えがちかもしれません。
ところが、日焼けを防止することができるほど、肌には負担がかかります。

 

短い時間でのショッピングで、日差しもそれほどなければSPF20のPA++、さっと洗濯物を干したりゴミ出しに行く場合はSPF10のPA+で問題ありません。
その日の紫外線量や外出時間に応じて、ちょうど良いものを塗れるように、数値の異なる数種類を準備しておくとよいでしょう。

日ごろのミネラル補給にはミネラルウォーターを活用

また日焼けの予防とともに大切なのは熱中症対策。水分の補給が十分でないと、危険な状態になりやすいので注意しましょう。

水分と共に必須なのはミネラル。水道水にもミネラルは含まれますが、摂取できるミネラルもそれだけで全て賄えるわけじゃありません。日ごろからバランスよく沢山の種類を摂取するように心がけましょう。

そこでお勧めなのはミネラルウォーター。必須ミネラルやその他のミネラルも含有されており、水分補給と同時にミネラルも補給できます。

ホーム RSS購読 サイトマップ